All Posts By

cocoronavid19

新型コロナ (Mainichi)

新型コロナ 行動自粛、継続がカギ 生活元通り→15日後に増加 7割接触減→緩やかに減少 東大准教授試算

行動自粛の継続の有無による感染者数の推移  新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除され、外出自粛をやめて完全に元の生活に戻すと、約15日後には感染者数が増加に転じる可能性があるとの試算を、大橋順・東京大准教授(集団遺伝学)がまとめた。大橋准教授は「継続して人との接触を減らしていかないと、努力が水の泡になる」と警告する。  大橋准教授は、初期に感染者1人が平均2・5人にウイルスをうつし、感染拡大とともにうつす人数が徐々に減ると仮定。人口10万人あたりの治癒していない感染者数が50人になった日から30日間、行動を自粛すると仮定して、感染者数の推移を試算した。  その結果、全員が他の人との接触を8割減らせば、自粛開始後5日目から感染者数は減少するが、元の生活に戻ると、自粛解除後15日間で再び増加に転じる結果になった。 この記事は有料記事です。残り728文字(全文1071文字) いますぐ登録して続きを読む または ログインして続きを読む
cocoronavid19
October 24, 2020
新型コロナ (Mainichi)

新型コロナ 国内死者406人に

国内の新型コロナウイルス感染者(27日現在)  国内の新型コロナウイルス感染者は27日、新たに178人が確認された。横浜港に停泊したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」と長崎港に停泊している「コスタ・アトランチカ」の乗員乗客らを含む感染者は累計で1万4309人。22人が新たに亡くなり、死者は406人となった。  神奈川県では、大和市立病院に勤務する3… この記事は有料記事です。残り147文字(全文300文字) いますぐ登録して続きを読む または ログインして続きを読む
cocoronavid19
October 24, 2020
新型コロナ (Mainichi)

新型コロナおさらい 家庭での対策 今こそ再点検(その2止) みんなの命守る

 □外出時の注意点 買い物や通院、滞在時間短く  外出自粛が要請されている間でも、生活必需品の買い物や金融機関での用事、通院などで出掛ける機会がある。そこで感染しないよう、注意して行動したい。長崎大の泉川公一教授(感染症学)は「出歩くなら感染予防策を取り、なるべく短時間に」と話す。  買い物や日常生活の注意は、米疾病対策センター(CDC)など米国の専門家の助言が参考になる。「体調が悪いときは外出しない」「できるだけ宅配サービスの利用を」が強調される。  買い物に出掛けるのはどうしても必要なときに限り、店舗に入るのもできれば1人に。滞在時間は極力短くする。そのために買い物リストを準備して出掛けよう。  すいている時間帯を選ぶことも大事で、店内では人から約2メートル離れる。買い物中に目、鼻、口は触らないように。マスクを着けていれば、鼻や口は触りにくくなる。店に入るとき、出るときにアルコールで手の消毒を。  金融機関での預金引き出しや支払いも、この機にオンラインの利用を検討するのはどうだろう。  医療機関の受診は、医師の指示を守る必要があるが、病状が落ち着いている患者の受診間隔を延ばしたり、電話で薬の処方に応じたりする施設も増えている。厚生労働省は新型コロナ流行中の時限措置として、初診からオンライン診療を認めることを決めた。対応している所を確認してみよう。通院する場合も、なるべくすいている時間を医療機関に尋ねるなど、工夫の余地がある。  ウイルスを家の中に持ち込まないよう、帰宅後は必ずせっけんで手洗いを。洗面所に行くまでの間にドアノブやスイッチを触ると、そこにウイルスが付着し家族に広がる恐れがある。できれば玄関にアルコールを置き、帰宅時すぐに手指を消毒するか、手洗いの後、先に触った場所を消毒液で拭くといい。  □正しい手洗い 流水で丁寧に20~30秒  新型コロナウイルスの感染を防ぐには、正しい手洗いがとても大切だ。せっけんをよく泡立て、指先や爪の間、手首も忘れずに洗おう。流水で十分にすすぎ、時間は少し長めの20~30秒。「ハッピーバースデー」の歌2回分が目安。せっけんと流水による手洗いは、アルコール消毒と同等の効果がある。  家族がよく触るドアノブやスイッチ、テーブルは、家庭用の塩素系漂白剤を薄めた液に浸したぞうきんで拭き掃除を。濃度は0・05%で、自治体のホームページなどで薄め方を説明している。金属はさびる恐れがあるため、水拭きで仕上げる。刺激が強い薬剤なので家事用の手袋を着用し、部屋の換気もしよう。  台所用合成洗剤も消毒法として有望であることが経済産業省の調査で分かった。新型コロナと性質が似た重症呼吸器症候群(SARS)コロナウイルスでは、1リットルのぬるま湯に5~10ミリリットル程度を加えた液で2度拭きする消毒法が有効とされている。新型コロナもこれが参考になりそうだ。  □運動不足の解消法…
cocoronavid19
October 24, 2020
新型コロナ (Mainichi)

新型コロナ 視覚障害、困ったら電話して ブラインドサッカー協会、緊急時こそ助けに

5人制ブラインドサッカー日本代表。活動を休止している=2019年12月、宮間俊樹撮影  日本ブラインドサッカー協会(東京都新宿区)が、新型コロナウイルスの感染拡大に戸惑う視覚障害者を対象に無料の「おたすけ電話相談窓口」を設置した。競技団体が広く生活全般の相談を受け付ける異例の試みだ。  ブラインドサッカーは視覚障害者らによる5人制の競技。協会は東京パラリンピックに開催国枠で初出場する日本代表の強化を担う国内統括団体だ。ウイルスの影響で国際大会が中止になり、代表活動も休止する中、「自分たちにできることを考えた」と松崎英吾事務局長。在宅勤務に切り替わった松崎さんら職員有志8人が18日から一般の相談を受け付け始めた。  窓口開設以降、相談は1日に4、5件。「迅速に問題解決に導く」のがポリシーで、回答は原則72時間以内。相談で多数を占めるのが日用品の買い物を巡るものだ。感染への警戒から社会は寛容さを失いつつある。「弱視のため値段を確認するために商品に顔を近づけたら冷ややかに見られた」「いつもは店員に手を引いてもらっていたが、接触は迷惑が掛かるから頼みづらい」――。そんな悩みに利用しやすいインターネットでの購入サイ… この記事は有料記事です。残り584文字(全文1049文字) いますぐ登録して続きを読む または ログインして続きを読む
cocoronavid19
October 23, 2020
新型コロナ (Mainichi)

新型コロナおさらい 家庭での対策 今こそ再点検(その1) 正しい知識備え

 政府の緊急事態宣言が全国に拡大され、迎えた大型連休。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ最大の力は、正しい知識と、一人一人が行動を変えることだ。何度でも確認したい、ウイルス対策に役立つ知識をまとめた。 息苦しさ顕著なら相談を  !受診の目安、37.5度以上4日  厚生労働省は、新型コロナウイルスに関する相談や受診の目安を「風邪の症状や37・5度以上の発熱が4日以上続いた場合」としている。  感染すると重症化しやすい高齢者や持病のある人については従来「2日程度続いたら相談を」としてきた。しかし政府の専門家会議は4月22日、何日も様子を見るのではなく「場合によってはすぐにでも相談を」と強調した。重症化の防止がより重要な局面になったとの判断からだ。  相談は各地の帰国者・接触者相談センターに電話で。感染の疑いありと判断されれば、紹介された医療機関を受診する。  新型コロナは「寝ているのもつらい」と表現する人がいるほど強いだるさも特徴の一つ。高齢者もそれ以外の人も、強いだるさや息苦しさがあれば、熱などがなくても直ちにセンターへ連絡する必要がある。  感染者が急増している地域では、センターへの電話がつながりにくい、検査がなかなか受けられないなどの問題が深刻化している。専門家会議はこのため、自治体が地域の医師会と連携するなどして診療・検査態勢の増強を進めるよう提言した。 厚生労働省コールセンター  (電話相談窓口)  0120・565653  通話無料  午前9時~午後9時 症状長引き強いだるさ  !初期は発熱、せき…
cocoronavid19
October 23, 2020