新型コロナ (Mainichi)

テークアウトや宅配の弁当、早めに召し上がれ 気温や湿度上昇で食中毒リスク

By December 21, 2020 No Comments
食中毒対策を徹底した上で、ドライブスルー方式で弁当を受け渡しするスタッフ=金沢市沖町で2020年5月1日午後1時7分、近藤幸子撮影

 新型コロナウイルスの感染防止のために外出自粛が広がる中、テークアウトや宅配に乗り出す飲食店が増えている。家でこもる人らの人気を集める一方、経験のない業者も少なくなく、食中毒のリスクが指摘されている。担当する保健所は新型コロナウイルス対策に忙殺されていて十分な指導が行えない恐れがあり、関係者は警戒を強めている。【近藤幸子】

 金沢市のフランス料理店や和食店などは4月24日から毎日、市郊外の休業中のパチンコ店駐車場を使ってドライブスルー方式で弁当を共同販売をしている。参加店は30店を超え、週末には長蛇の列ができる。

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1191文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

ログインして続きを読む

0

Leave a Reply