新型コロナ (Mainichi)

トランプ氏「できる限り早く再開」 行動自粛、5月1日にも正常化示唆 専門家は警告

By June 22, 2020 No Comments
ホワイトハウスで新型コロナウイルスへの対策について語るトランプ米大統領=ワシントンで2020年4月10日、AP

 トランプ米大統領は10日、ホワイトハウスで記者会見し、新型コロナウイルス感染による国内死者数が、政府予測の10万~24万人を「大幅に下回る」との認識を示した。そのうえで「できる限り早く(米国を)再開させたい」と述べ、全国民を対象に実施中の行動自粛要請を延長せず、最短で5月1日から経済・社会活動の正常化を目指す可能性を示唆した。前のめりなトランプ氏の方針に「感染再拡大のリスクがある」と危惧する声が上がっている。

 トランプ氏は新たな死者数予測について「6万人」と言及。「決して喜べる数字ではない」とする一方、「積極的な対応が多くの命を救っている明白な証拠だ」と強調した。ホワイトハウスは3月31日、外出や集会の制限など対策を取った場合でも死者数が10万~24万人に及ぶとしていた。行動自粛に応じる国民が約半数との前提で試算していたが、「実際は90%以上が協力した」(トランプ氏)と下方修正の理由を説明する。

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1108文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0

Leave a Reply