新型コロナ (Mainichi)

休業要請 宮城など8県が解除へ 静岡など18県は継続でも規模は縮小

By December 26, 2020 No Comments
宮城県の休業要請解除を受けて居酒屋の営業時間を通常に戻し、常連客にビールを出す男性=仙台市で2020年5月7日、和田大典撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、これまで実施されてきた店舗などへの休業要請について、宮城、島根、高知など8県が延長しないことを決めた。新潟、静岡、広島、長崎など18県は継続するものの、規模を縮小する。重点的に対策をとる特定警戒13都道府県はいずれも要請を延長する方向で、感染拡大の度合いによって対応に差がみられた。

 全都道府県を対象とした緊急事態宣言は31日を期限としているが、安倍晋三首相は14日をめどに専門家による分析を行い、状況次第で早めに解除する考えも表明している。

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文905文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

ログインして続きを読む

0

Leave a Reply