新型コロナ (Mainichi)

伝説の呪術師「容海」と「千光院」 コロナ終息を願い、墓を訪ねてみた 山形

By January 14, 2021 No Comments
上塚で手を合わせる庄内町観光協会の斎藤さん=山形県庄内町で2020年5月1日、長南里香撮影

 コメどころ山形県庄内町で、伝染病から人々を救った二人の呪術師が存在したと伝えられている。新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、疫病から住民を守るとして長く地元で信仰を集めている二人の墓「上塚」と「下塚」を訪ねてみた。【長南里香】

 同町の廿六木(とどろき)地区を南北に貫く県道360号に沿うようにそれはある。伝説のシャーマンは、1640年ごろの寛永年間、疫病がはびこった集落に突如現れた「容海」と「千光院」だ。村人を苦しめた悪病を退散させようと2週間祈り続け、ついには全員完治させたと伝えられている。

 地区に残る資料によると、村人から敬われて終生を過ごした二人は…

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文736文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

ログインして続きを読む

0

Leave a Reply