新型コロナ (Mainichi)

元タカラジェンヌが盛り上げる「#エアはいからさん初日」 公演中止で沈むファンら励ます

By March 18, 2020 No Comments
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、公演が中止されている宝塚大劇場=2020年3月16日、水津聡子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため休演中の宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)。花組公演「はいからさんが通る」が初日を迎える予定だった13日、ツイッター上で想像の観劇記をつづる「#エアはいからさん初日」が盛り上がった。タグを作ったのは、「サラリーマンたそ」こと、元タカラジェンヌの天真みちるさん。在団中に発生した東日本大震災で、エンターテインメントの大切さを実感。公演中止で沈むファンらを励まそうと企画した。

 宝塚大劇場は2月29日から3月8日まで休演したが、9日に再開し、星組公演の千秋楽を迎えた。しかし、10日に再び休演が決定。「はいからさんが通る」は、花組トップスター・柚香光(ゆずかれい)さんの本拠地お披露目公演だが、まだ初日を迎えられないでいる。

 ツイートは「一刻も早い事態の沈静化と、カンゲキを楽しめる日が戻りますように」という文章でスタート。「元々宝塚ファン」という天真さんらしく、楽屋入りするタカラジェンヌを待つ「入り待ち」から、終演後に「出待ち」を終えて手紙をしたためるところまでのファンの一日が、想定されるリアルタイムでツイートされた。開演時刻だった午後3時には、柚香さんのあいさつを聞いて号泣。終演時には、「見える・・私には見える・・大きな羽を背負い挨拶(あいさつ)をする姿が」と、ファンが待ち望んでいる、柚香さんのトップスターとしての様子を「実況」した。

 ファンもこれに呼応し、開演…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文1231文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0