新型コロナ (Mainichi)

北海道、減収のライブハウスを融資で負担軽減の方針

By June 4, 2020 No Comments
ライブハウスの影響調査結果を発表する札幌市のバンドマン、戸沢淳さん(左)=札幌市のライブハウスで2020年4月6日、土谷純一撮影

 新型コロナウイルス感染拡大を受けた自粛要請の影響が深刻化している。全国のライブハウスやクラブの9割超が減収したことが、札幌市の音楽関係者による調査で判明。余波は北海道最大の繁華街ススキノの飲食店にも及び、経営悪化に対する補償を求める声が上がる。一方、道は補償は現実的ではないとの立場で融資における負担軽減で支援する方針だ。【土谷純一、菊地美彩、山下智恵】

 調査は、アマチュアバンドメンバーの有志でつくるグループ「Save the Little Sounds」が3月27日~4月3日に実施、6日結果を公表した。

 ツイッターやフェイスブックなどを通じ、ライブハウスやクラブの運営者らに選択式アンケートへの協力を求めたところ、北海道▽東京都▽愛知県▽大阪府▽福岡県――など34都道府県の283事業者から回答を得た。

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1362文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0

Leave a Reply