新型コロナ (Mainichi)

在日米軍も関東の基地に「緊急事態宣言」 新型コロナで厳格な対策「感染は着実に増加」

By May 7, 2020 No Comments
住宅群の中に広がる米軍横田基地=東京都昭島市で、本社ヘリから撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、在日米軍司令部は6日、横田や横須賀など主要基地を含む関東地方の米軍基地に厳格な感染症対策を求める「公衆衛生緊急事態宣言」を発令した。在日米軍の声明では「東京での新型コロナウイルスの感染例は着実に増加している。宣言によって、各基地の司令官に、米軍施設で勤務・生活している軍人や市民、軍属の健康保護対策をとるのに必要な権限を与える」と説明した。

 在日米軍によると、各基地の司令官はこれまでも感染症対策をとってきたが、隊員らが指示に従わない場合の対応を含めて、権限を強化したという。声明は具体的内容には触れていない。宣言の対象には、横田、横須賀、厚木、座間など関東地方の米軍の主要基地が含まれている。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文722文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0

Leave a Reply