新型コロナ (Mainichi)

大分の病院、医師や患者5人感染 県「クラスターの可能性」

By March 20, 2020 No Comments
看護師ら2人の新型コロナウイルス感染が確認された大分医療センター=大分市横田の国立病院機構大分医療センターで2020年3月20日午後6時8分、河慧琳撮影

 大分県は20日、国立病院機構大分医療センター(大分市横田)に勤務する医師ら4人と入院していた患者1人の計5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。19日に同県臼杵市の60代夫婦の感染が確認されており、同センターにはこの夫婦が一時入院していた。県は「院内感染とクラスター(感染者集団)発生の可能性がある」として、厚生労働省にクラスター対策班の派遣を要請した。

 院内感染、クラスターが確認されればいずれも九州では初の事例となる。感染が確認されたのは、20代の女性医師▽30代の男性医師▽20代の女性看護師▽30代の女性職員▽骨折で12日まで入院していた大分市在住の80代の男性患者。県は同センター関係者や臼杵市の別の医療機関関係者など60代夫婦の濃厚接触者の検査を進めている。濃厚接触者以外の医師らも調べており、これらの検査で判明した。

 同センターには、60…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文638文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0