新型コロナ (Mainichi)

大阪府、軽症者受け入れのホテル募集 100室以上の1棟単位貸し切り条件

By April 5, 2020 No Comments
新型コロナウイルスの軽症者らを受け入れるホテルを募集する吉村洋文知事(左)ら=大阪府庁で2020年4月3日午後8時46分、芝村侑美撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大阪府は3日、無症状や軽症の患者を受け入れるホテルの募集を始めた。100室以上の1棟単位で貸し切れることを条件にする。府はホームページで協力を呼び掛け、7日まで募る。

 吉村洋文知事は府庁で記者会見し、「医療崩壊を防ぐため、早ければ来週からの受け入れ開始を目指したい」と述べた。既に400~500室規模のホテルを含む複数の施設が協力を申し出ているという。

 東京都に次いで感染者が多い大阪は3日現在、計346人の陽性が確認され、入院中または入院を控える感染者が245人に上っている。府内の感染症病床(78床)では賄えず、一般病床などでも受け入れが進んでいる。

 府は感染者の急増に備え、病院での受け入れは重症者やリスクの高い患者を優先し、無症状や軽症の患者についてはホテルの活用が不可欠と判断した。

 府によると、利用客への感染を防ぐため、1棟単位の協力を条件とした。個室での隔離を目的としており、旅館は対象外。借り上げ費用など、詳細な運用マニュアルは今後決める。

 一方、爆発的に感染者が増える「オーバーシュート」が起きた場合、ホテルだけでは対応できないとして、府は軽症者らの自宅療養も選択肢に加える独自の方針も決めた。【津久井達、芝村侑美】

0