新型コロナ (Mainichi)

富山・砺波の酒蔵 消毒用アルコール13日発売「量わずかだが、できることやる」

By June 23, 2020 No Comments
若鶴酒造が販売する高濃度アルコール「砺波野スピリット77」=若鶴酒造提供

 新型コロナウイルスの感染拡大で、消毒用アルコールの品薄が続いていることから、富山県砺波市の酒造会社「若鶴酒造」は代替品となる高濃度エタノール「砺波野スピリット77」を13日から販売する。同社は「数量はわずかだが、できることをやる。必要な人に届けば」と話す。

 若鶴酒造は日本酒や米焼酎のほか、北陸3県で唯一、ウイスキーの製造も手がける老舗の酒蔵。厚生労働省は3月、…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0

Leave a Reply