新型コロナ (Mainichi)

岡村隆史さん「コロナ明けたら可愛い人が風俗嬢やります」発言に批判

By October 18, 2020 No Comments
お笑い芸人の岡村隆史さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組「岡村隆史のオールナイトニッポン」の番組紹介ページ

 吉本興業所属のお笑い芸人「ナインティナイン」の岡村隆史さんが、4月24日に生放送された自身のラジオ番組で、新型コロナウイルスの感染拡大で経済的に苦しくなった女性が性風俗業で働くことになるという趣旨の発言をし、「コロナ明けたら、可愛い人が短期間ですけれども、お嬢(風俗嬢)やります」「だから今我慢しましょう。今我慢して風俗に行くお金をためとき」と話した。女性がやむを得ない事情で性風俗業で働くことを待ち望むような発言に、貧困支援や性暴力被害者支援の専門家から批判の声が上がっている。ニッポン放送は27日、公式ホームページ上で「女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言があった」として謝罪した。【塩田彩、上東麻子/統合デジタル取材センター】

 発言があったのは、24日放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)。岡村さんは番組後半、読者から寄せられた「コロナの影響で、今後しばらくは風俗に行けない」という悩みへの回答として、新型コロナウイルスの感染拡大で経済や雇用の状況が悪化した結果、性風俗店で働かざるを得なくなる女性が出ると予想。「神様は、人間が乗り越えられない試練は作らないって言うてはりますから。ここは絶対、乗り切れるはずなんですよ。今面白くなかったとしても、コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんですよ。コロナ明けたら、短期間ですけれども、美人さんがお嬢(風俗嬢)やります」と語った。

 さらに、「なぜかというと、やっぱり稼がないと苦しいですから」と発言。「3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働きます。それで、それなりの生活に戻ったらパッとやめます」「だから今我慢しましょう。今我慢して風俗に行くお金をためとき。その3カ月のために頑張って、今、歯を食いしばってふんばりましょう」「僕はそれを信じて今、頑張ってます」と笑いながら呼びかけた。発言の間、スタジオでは何度もスタッフの大きな笑い声が起きていた。

 この発言が注目されたきっかけは26日、週刊誌「FLASH」(光文社)のウェブ版「Smart FLASH」が一連の発言を紹介する記事を配信したことだ。「岡村隆史、風俗を自粛『神様は乗り越えられない試練は作らない』」という見出しで、岡村さんの発言を「持論を披露」と紹介。批判的なトーンではなかった。

この記事は有料記事です。

残り1566文字(全文2543文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

ログインして続きを読む

0

Leave a Reply