新型コロナ (Mainichi)

感染急増が変えた米国のマスク文化 習慣なかった市民が着け始めた意味 新型コロナ

By April 7, 2020 No Comments
米ニューヨークでマスクを着けて歩く市民=AP

 米国では、日本などとは違い一般市民が予防目的でマスクをする習慣がなかった。「病気になった人が使うもの」というイメージが強く、マスクをしていると、その人がウイルスに感染していると受け止める人も多い。ニューヨーク市では2月上旬、地下鉄の駅でマスクをしていたアジア系の女性が男に突然暴行を受ける事件も起きた。

 しかし、感染者の急増でそんな文化にも変化が出ている。感染者数が約6万人のニューヨーク市内ではこの1、2週間でマスクを使う人が増加。食料の買い出しでスーパー前に並ぶ際にも多くの人が6フィート(約1・8メートル)離れた上でマスクを着けるほど、市民が敏感になっている。多くの場合は感染のリスクから自分を守りたいという心理が働いているとみられる。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文970文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0

Leave a Reply