新型コロナ (Mainichi)

新型コロナ ビデオ会議「Zoom」に死角 在宅勤務で利用増 プライバシー保護、セキュリティーに問題

By June 14, 2020 No Comments

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、一部の業種で在宅勤務の普及が進んでいる。それには「Zoom(ズーム)」(本社・米国)などインターネットを使ったビデオ会議システムが役立つが、同時にセキュリティー上の問題も指摘されている。利用する際の注意点を探ると、誰もが使える便利なサービスゆえの課題も見えてきた。

 ズームのエリック・ユアン最高経営責任者(CEO)は1日、ホームページ上で自社システムの不備を認めて謝罪した。「プライバシーとセキュリティーへの期待に応えられなかった」として、対策を急ぐと強調した。

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1421文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0

Leave a Reply