新型コロナ (Mainichi)

新型コロナ レジに仕切り、客は間隔あけ 社会的距離

By June 7, 2020 No Comments
緊急事態宣言を受け、客同士の距離をとるよう呼びかける案内を張り出したスーパー「アキダイ関町本店」=東京都練馬区で2020年4月8日、中津川甫撮影

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、コンビニエンスストアやスーパーは新たな感染対策に乗り出した。

 セブン―イレブン・ジャパンは8日、客と店員の飛沫(ひまつ)感染を防ぐため、レジカウンターにビニール製などの間仕切りを設置することを全国の店舗に推奨すると発表した。既に一部の店舗で実施しているという。ローソンも同様の取り組みを緊急事態宣言が発令された7都府県で行う。

 イオンは8日、客がレジの前で一定の距離「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」を取って並べるよう、一部店舗の床に目印のテープを貼った。東京都練馬区のスーパー、アキダイも8日に「ソーシャルディスタンス 離れて!」と記した案内を店内に張り出し、来店客同士が間をあけて並んでいた。秋葉弘道社長は「混雑を防ぐため、毎週日曜の特売チラシの配布もやめた。店内が狭いので、行列ができたら入店制限もやむを得ない」と…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文493文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0

Leave a Reply