新型コロナ (Mainichi)

新型コロナ 中国、武漢封鎖の成果誇示 交通機関の運行再開

By June 7, 2020 No Comments
封鎖措置が解除された中国湖北省武漢市の空港で、抱き合う医療従事者ら=8日、ロイター

 新型コロナウイルスの感染拡大が始まった中国湖北省武漢市で8日、2カ月半にわたる封鎖措置が解除され、市外に向かう交通機関の運行が再開した。感染の中心が欧米に移る中、習近平指導部は「封じ込め策」の成果を内外に誇示し、経済活動の再開を加速させる構えだ。

 中国メディアによると、8日に鉄道で5万5000人が市外に出て、空港を1万1000人が利用する見込み。一方、政府は人の移動で感染が再拡大する事態を懸念し、無症状感染者の発生を警戒している。

 中国政府は1月23日から、武漢市を封鎖して外部との交通を遮断。現地のみの医療対応が困難になると、約4万人の医療従事者を全国から投入した。習指導部は「政治制度の優位性が示された」と強調するが、初動の遅れや情報公開の不備に国内外から批判の声も上がっていた。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文960文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0

Leave a Reply