新型コロナ (Mainichi)

新型コロナ 全地域、景気判断下げ 日銀、リーマン以来 個人消費や生産、急減速

By June 13, 2020 No Comments

 日銀は9日に支店長会議を開き、全国9地域の景気情勢をまとめた4月の「地域経済報告」(さくらリポート)を公表した。新型コロナウイルスの感染拡大で個人消費などが急激に落ち込んでおり、全地域で景気の総括判断を前回1月調査から引き下げた。全地域の判断を同時に下方修正したのはリーマン・ショック後の2009年1月以来、11年3カ月ぶり。コロナショックの深刻さが改めて浮き彫りになった。

 「新型コロナ感染拡大は我が国経済にも深刻な影響を及ぼしている。必要があれば、ちゅうちょなく追加的な金融緩和措置を講じる」。日銀の黒田東彦総裁は、コロナショック後初めてとなる支店長会議で厳しい現状認識を示した。

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1474文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0

Leave a Reply