新型コロナ (Mainichi)

新型コロナ 小型人工肺の治験開始 救急搬送時の治療に有効

By June 20, 2020 No Comments
国立循環器病研究センターが開発した小型の「ECMO(エクモ、体外式膜型人工肺)」を持つ巽英介・研究所先進医工学部門長。左は従来のエクモ=大阪府吹田市の同センターで2020年4月10日、宮川佐知子撮影

 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、国循)は10日、センターが開発した小型・軽量の「ECMO(エクモ、体外式膜型人工肺)」を、症状の重い呼吸不全患者らに用いる臨床試験(治験)を始めると発表した。装着や利用が簡単で救急搬送時などに院外でも利用でき、新型コロナウイルスの重症患者への有効な治療手段としても期待される。

 エクモは、人工呼吸器では対応できない重度の呼吸不全や心不全、心筋梗塞(こうそく)などの治療に使う高度医療機器。患者から静脈血を取り出し、酸素を供給して患者の体に戻す。新型コロナウイルスの患者にも活用されており、政府は増産支援の方針を打ち出している。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文627文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0

Leave a Reply