新型コロナ (Mainichi)

新型コロナ緊急事態 7日夕方に宣言 諮問委了承、首相が午後7時記者会見

By May 12, 2020 No Comments
基本的対処方針等諮問委員会の冒頭で話す西村康稔経済再生担当相(右端)。左端は加藤勝信厚生労働相=東京都千代田区で2020年4月7日午前10時17分、幾島健太郎撮影

 安倍晋三首相は7日夕、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく初の「緊急事態宣言」を発令する。対象地域は、東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県で、8日午前0時から効力を発生させる。期間は1カ月程度を想定しており、大型連休が終わる5月6日までをめどとする。政府は発令に向け、7日午前、専門家による「基本的対処方針等諮問委員会」に諮問し、了承された。首相は同日午後7時から記者会見を開いて説明する方針だ。

 緊急事態宣言の要件は①国民の生命・健康に著しく重大な被害を与える恐れ②全国的かつ急速なまん延により国民生活・経済に甚大な影響を及ぼす恐れ――の2点。首相は6日、諮問委の尾身茂会長らから「東京都など都市部の感染者の急増により、医療現場が危機的状況となっている」との報告を受け、発令の手続きに入った。7日午前の諮問委で西村康稔経済再生担当相は「首相は国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼす恐れがあると…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文1031文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0

Leave a Reply