新型コロナ (Mainichi)

民間金融機関も無利子融資 中小企業支援で政府が新制度

By April 5, 2020 No Comments
安倍晋三首相=2020年3月、川田雅浩撮影

 政府は3日、来週にもまとめる緊急経済対策に新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けた中小企業などの資金繰り支援のため、民間の金融機関による実質無利子・無担保融資の制度を盛り込む方針を固めた。無利子融資は、日本政策金融公庫など政府系金融機関が3月に始めたが、相談が殺到。融資までに時間がかかっているため、民間にも拡大して速やかな融資の実行につなげる。

 民間金融機関による無利子融資は2008年のリーマン・ショック後にも検討されたが、甘い審査を招きかねないとして導入されておらず、今回の対応は極めて異例。倒産が迫っているような中小企業に対しては、無利子融資に加え、給付金制度も創設して対応する。

 3日開かれた政府の未来投資会議で議長を務める安倍晋三首相が表明した。日本公庫の無利子融資は、売り上げが一定以上減少した中小企業や個人事業者を対象に、貸出金利を引き下げた上で、金利相当分は政府が負担する仕組み。対応窓口を増やすため、全国の地銀や信用金庫、信用組合などでも無利子融資できるようにする。

 元本の返済猶予期間も日本公庫と同様に最大5年間とするほか、融資が焦げ付いた場合は、都道府県の信用保証協会などが代わりに弁済する制度の活用を検討する。【山下貴史】

0