新型コロナ (Mainichi)

波紋呼ぶ「軽症者に日本財団9000床提供」 つくば市「寝耳に水」「住民の合意は…」

By June 6, 2020 No Comments
新型コロナウイルス患者の病床提供を目的に日本財団が開放するとした、つくば市の研究所跡地。約5万7000平方メートルの広大な敷地に約9000人の軽症者を受け入れることを計画している=日本財団提供

 新型コロナウイルスに感染した軽症者の病床を確保するため、日本財団(本部・東京都)が茨城県つくば市の財団所有地に約9000人滞在の施設を整備するとした計画が波紋を呼んでいる。3日に発表された計画について、つくば市側は寝耳に水だったといい、「大規模な患者の受け入れについて住民の合意を得ていくのは難しい」と困惑している。

 発端は日本財団の笹川陽平会長が、東京都内で3日に行った緊急記者会見だった。笹川会長は東京都で感染者が急増している状況などを踏まえ、「医療崩壊が迫っている」として財団所有地に軽症者の滞在施設を造ると表明した。東京パラリンピック強化拠点の体育館「日本財団パラアリーナ」(東京都品川区)や隣接地にコンテナハウスを造り、4月末から約1200人が滞在できる環境を整備。つくば市の日本財団つくば研究所跡地も活用し、約9000人が滞在できる施設を7月末をめどに設けるとした。

 これに対し、つくば市の五十嵐立青(たつお)市長は3日夜に自身のツイッターで…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1181文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0

Leave a Reply