新型コロナ (Mainichi)

緊急事態宣言の延長「必要なら1カ月後に判断」 菅官房長官会見詳報

By May 28, 2020 No Comments
菅義偉官房長官=川田雅浩撮影

 菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言について「まずは感染拡大防止に政府としても全力を尽くし、これまで以上の国民のご協力をお願いしていきたい」とした上で、「(宣言の期限となる)1カ月後の段階で必要な場合、期限の延長について基本的対処方針等諮問委員会の意見を聞いた上で判断する」と説明した。

 菅氏は、宣言から一夜明けた状況について「現時点で混乱があったとは承知していない。(宣言は)初めてのことであり、国民のご協力がなければ、感染拡大防止を実現することはできない」と述べた。国と自治体で休業要請の範囲などを巡って意見の相違が出ていることについては「それぞれの場所によって対応が違うこともたくさんある。国と関係都府県で今後、意見交換や調整を進めていく必要がある」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り90文字(全文454文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

0

Leave a Reply