新型コロナ (Mainichi)

藤浪、伊藤隼、長坂選手の新型コロナ感染 阪神が発表 選手、スタッフ自宅待機

By March 28, 2020 No Comments
阪神の藤浪晋太郎投手

 プロ野球の阪神は27日、藤浪晋太郎投手(25)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)の3選手が新型コロナウイルスに感染していたことを発表した。26日に大阪府内の病院で診断を受け、陽性と判定された。プロ野球選手の感染確認は初めてとなる。

 球団によると、藤浪選手は21日から「においを感じにくい」と感じ、25日に受診した病院の医師に新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査を勧められた。伊藤選手は22日に臭覚の異常を覚え、長坂選手は18日に発熱して風邪と診断された後、味覚に異常を感じていた。

 球団は26日、3選手が練習していた兵庫県西宮市の阪神甲子園球場、阪神鳴尾浜球場など関連施設を消毒。4月1日まで練習を中止し、選手、スタッフを自宅待機させることを決めた。【田中将隆】

0