新型コロナ (Mainichi)

貧困支援のNPO「将来を悲観しすぎないで」 制度の利用呼び掛け 新型コロナ

By January 13, 2021 No Comments
生活困窮者を支援している藤田孝典さん=さいたま市浦和区で2020年4月14日午後0時36分、成澤隼人撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、職を失ったり、休業で収入が減少したりして生活が苦しくなる人が増えている。社会福祉士で、NPO法人代表として貧困問題に取り組む藤田孝典さん(37)=埼玉県越谷市=の元には日々深刻な悩みが寄せられている。先の見えない不安が広がるが、自身や家族の生活を守るため、国や自治体の支援制度を積極的に活用してほしいと呼び掛けている。【聞き手・成澤隼人】

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文1384文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

ログインして続きを読む

0

Leave a Reply