新型コロナ (Mainichi)

金沢市議が感染 けがで救急搬送、CTで肺炎判明し検査 感染経路は不明

By April 12, 2020 No Comments
金沢市役所=金沢市広坂1で2019年2月27日、久木田照子撮影

 石川県は4日、金沢市の松村理治(としじ)市議(69)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。肺炎を発症しているが、重症ではないという。最近の海外や県外への移動はなく、感染経路は不明。

 県によると、4日にけがで県内の医療機関に救急搬送され、CT検査をしたところ肺炎が判明。その後のPCR検査(遺伝子検査)で陽性が確認された。発症時期はわかっていない。他の市議の中にも濃厚接触者がいる可能性があり、県が調査している。

 また2日に感染が確認された北陸鉄道(金沢市)のグループ会社「北鉄金沢バス」の50代男性運転手の濃厚接触者を調べたところ、同じ野々市営業所に勤務する50代の男性運転手2人の感染も確認された。県内では4日に新たに計8人の陽性が確認され、感染確認は累計で32人となった。【阿部弘賢】

0

Leave a Reply