新型コロナ (Mainichi)

飲食店の酒持ち帰り販売申請 2週間で1万1000件超 来客減、売り上げ一助に

By November 18, 2020 No Comments
地酒の持ち帰り販売を始めた日本酒バー「サケラバ」=東京都千代田区で2020年4月27日、中津川甫撮影

 国税庁は1日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対策として飲食店に酒の持ち帰り販売を認める特例の免許の申請数が、受け付け開始から2週間で1万1386件になったと発表した。外出自粛による来客減で経営が苦しくなった居酒屋などが、少しでも売り上げを増やそうと殺到しているとみられる。

 飲食店は店内で酒を提供できるが、持ち帰り販売するには「酒類小売業免許」が必要。緊急事態宣言で居酒屋などの売り上げが激減していることを受け、国税庁は飲食店でも酒の持ち…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

いますぐ登録して続きを読む

または

ログインして続きを読む

0

Leave a Reply